住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

南三陸少年少女調査隊始動!

2023.05.19

5月13日(土)1時からネイチャーセンターで、令和5年度の最初の南三陸少年少女調査隊の活動、調査隊14名と高校生(調査隊卒業生)と南三陸高校の自然科学部の先生、そして実行委員長と委員の約25名の参加でオリエンテーションと折立海岸の生き物調査が行われた。今年度初回のため、隊員の自己紹介や年間プログラムの確認をし、グループに分かれアイスブレイクのゲームでグループの親睦を深め勝者からこれからの活動に使うファイルをもらい和気藹々と始まった。今年活動としてやりたいことを子どもたち各々が発表し、次は折立海岸の生き物の調査のため好きな番号のバケツを持って海岸に歩いて向かった。お天気は曇りで5月にしては寒かったが、海岸に着くと、活動の注意を聞き、30分の調査を開始した。阿部拓三さんと鈴木さんに見てもらい質問しながらたくさんの干潟の生き物を探索していた。必死に素手で石を避け砂を掘り続けている子どもやとにかくアサリだけを探してる子どもなど、30分じゃ足りないよ〜と言いながら探索。「ついでに干潟のゴミも拾うんだ」と言って実践している子どももいて、環境教育の大切さを実感した。「絶滅危惧種見つけた〜でもほんとはアナジャコだけを見つけたいのに」など興味津々でとても楽しそうだった。
ネイチャーセンターに戻り、今回採捕した生き物を集めて全部で39種が見つかった。そのうち、宮城県レッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている巻貝「ツブカワザンショウ」(絶滅危惧Ⅱ類)が見つかり。また、準絶滅危惧に指定されている二枚貝「サビシラトリ」も見つかった。この調査を通じて隊員たちは海岸で生き物に触れ、身近にある自然や生き物にかなり好奇心を持ったことだろう。この活動は今年度も年間で10回ほど行われるそうだ。

最近の記事

2024.04.20

4月18日(木)の3時から、今年の南三陸サーモンプロジェクトスタートということで、スタートアップのお披露目会を...

2024.04.15

4月15日(月)に戸倉地区のギンザケ「みやぎサーモン」の初水揚げが行われた。9ヶ月ぶりとは思えない、漁協のスタ...

2024.04.13

4月13日(土)2月27日(火)から28日(水)にかけての南岸低気圧の志津川湾の時化で坂本海岸で座礁した船4隻...

2024.04.12

4月2日(火)の10:00〜神割崎キャンプ場で「安全祈願祭」が行われた。お天気にも恵まれた。観光協会の会長、事...

2024.04.10

4月9日(火)に南三陸町の戸倉地区の桜は満開に。 東日本大震災の際に戸倉小学校や戸倉中学校にあった桜や、地区の...

2024.03.25

3月に入ると寒い日が続いていたが、24(日)は、お天気に恵まれ春らしく暖かかった。この日に5年ぶりに波伝谷地区...
カテゴリー別記事一覧