住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

磯の開口

2022.03.07

3月3日から7日まで、漁協女性部の磯の開口が行われた。(開口とは、漁をしていい日で、その日以外に勝手に獲ることは許されない。開口日は、シーズンである3月の間のわずか数回で、開口委員と呼ばれる漁師が各地区にいて、地区ごとに天候や潮目を見て漁協が決定し、前日に防災無線(組合員だけに流れる放送)が流れ、それから皆、開口に備える。 ) フノリ、マツモ、ヒジキ各家家でその処理の仕方は違えど、どれも磯の香り、風味とも満点の乾物を作る。付着物を落とすためによく洗い、色を付けるために鉄を入れてみたり、何かしらの工夫で長い時間煮て、乾かすなどとても手間のかかる作業を行う。それは、戸倉地区だけではないが、沿岸部の春の風物詩とも言える。今年は開口の期間が、いつもより気温が上がらず風も強かったため、大変だったそうだ。そして皆口々に「一年一年辛くなる」と。

最近の記事

2022.09.26

9月18日(日)に第10回ツール・ド・東北が開催された。天気もまずまずで3年ぶりのリアル開催となったが従来のコ...

2022.09.23

【フォーラム開催報告】 9/6(火)おきなくらEELsのメンバーにより、南三陸・海のビジターセンターでフォーラ...

2022.08.03

梅雨明け宣言はされたはず、、、ずっと梅雨のような蒸し蒸し雨や曇りの天気が続いたが、、 7月31日(土)「戸倉っ...

2022.07.29

夏休みに入ってはいるが7月29日、戸倉小学校の体育館で、お世話担当の4年生(担任の先生と生徒とお手伝いの保護者...

2022.07.02

6月30日(水)に戸倉では初めての「ウニの開口」が行われた。天候が開口日とあわず、例年より1ヶ月も遅れて第1回...

2022.06.08

5月23日(月)もう午前3時頃から薄明るい早朝。戸倉地区の波伝谷漁港からは活気が感じられた。4月からギンザケの...
カテゴリー別記事一覧