住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

磯の開口

2022.03.07

3月3日から7日まで、漁協女性部の磯の開口が行われた。(開口とは、漁をしていい日で、その日以外に勝手に獲ることは許されない。開口日は、シーズンである3月の間のわずか数回で、開口委員と呼ばれる漁師が各地区にいて、地区ごとに天候や潮目を見て漁協が決定し、前日に防災無線(組合員だけに流れる放送)が流れ、それから皆、開口に備える。 ) フノリ、マツモ、ヒジキ各家家でその処理の仕方は違えど、どれも磯の香り、風味とも満点の乾物を作る。付着物を落とすためによく洗い、色を付けるために鉄を入れてみたり、何かしらの工夫で長い時間煮て、乾かすなどとても手間のかかる作業を行う。それは、戸倉地区だけではないが、沿岸部の春の風物詩とも言える。今年は開口の期間が、いつもより気温が上がらず風も強かったため、大変だったそうだ。そして皆口々に「一年一年辛くなる」と。

最近の記事

2023.01.12

1月8日(日)に戸倉神社の氏子総代会によって「どんと祭」が行われた。戸倉神社の氏子総代会は水戸辺、在郷、波伝谷...

2023.01.12

ラムサール条約登録湿地の南三陸・志津川湾に飛来! 12月23日(金)に町の委託を受けた南三陸ネイチャーセンター...

2022.12.23

12月21日(水)に戸倉地区3回目のアワビの開口が行われた。開口の時間は6:30〜9:30の約3時間、一日中曇...

2022.11.18

11月18日(金)に戸倉地区で「アワビ」の開口が行われた。 朝6時から9時まで行われ、戸倉地区で900kgほど...

2022.11.18

11月13日(日)戸倉小学校3年生によって、海のビジターセンター近くの波伝谷の海岸に海浜植物の「ハマヒルガオ」...

2022.11.12

11月9日(水)にギンザケの稚魚が養殖場に搬入された。ギンザケは卵から稚魚になるまで、蔵王や岩手県などの山間の...
カテゴリー別記事一覧