住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

2020年度のカキ剥き開始

2020.10.14

10月12日(月)からカキ剥きが始まった。5月までの長丁場、消費者にとっては今からが美味しい嬉しい季節だが、漁師たちは寒さが厳しくなる冬にむけて海の仕事が忙しくなる。

コロナ感染症の影響で、皆マスクかフェイスシールドをつけ、対策は万全だ。そして今年は初日の入札価格が昨年より、キロ3,000円ほど高く、カキを剥く漁師たちそして家族のみんなが、忙しいながら楽しみな顔をしていた。ASC認証の戸倉のカキ、そのままでも、酢の物にも、もちろんこれからは鍋に美味しいですよ〜「この時期にしてはまあまあのでき」と長清水地区の漁師さん。こんなに大きなカキ…まだ大きく美味しくなるそうです。

最近の記事

2121.04.28

4月21日に戸倉の海から、昨年10月10日のワイナリーオープン記念に参加の皆さんと養殖用ネットに括り付けて海に...

2121.04.19

まだ肌寒い春を桜で感じ、そろそろ黄色い花が咲いている今日この頃です。山にはヤマブキ、里の家の花壇には水仙が。

2121.04.19

4月8日(木)桜満開の中、戸倉小学校で令和3年度の入学式が行われた。 今年の新入生は男女ともに8名ずつの16名...

2121.04.07

3月31日(水)に神割崎キャンプ場で、キャンプ場関係者や利用者の皆様が一年間無事に過ごせるよう、「安全祈願祭」...

2121.04.07

4月7日(水)の戸倉地区の桜は満開のようだ。先週春らしくとても暖かい日が続いたが(そのため越冬した?カメムシが...

2121.03.29

先日、戸倉小学校の近く398号線沿いの沖田地区の「海の虹」さん「コインランドリー」さん「ぐうちょきぱあ」さんな...
カテゴリー別記事一覧