住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

2020年度のカキ剥き開始

2020.10.14

10月12日(月)からカキ剥きが始まった。5月までの長丁場、消費者にとっては今からが美味しい嬉しい季節だが、漁師たちは寒さが厳しくなる冬にむけて海の仕事が忙しくなる。

コロナ感染症の影響で、皆マスクかフェイスシールドをつけ、対策は万全だ。そして今年は初日の入札価格が昨年より、キロ3,000円ほど高く、カキを剥く漁師たちそして家族のみんなが、忙しいながら楽しみな顔をしていた。ASC認証の戸倉のカキ、そのままでも、酢の物にも、もちろんこれからは鍋に美味しいですよ〜「この時期にしてはまあまあのでき」と長清水地区の漁師さん。こんなに大きなカキ…まだ大きく美味しくなるそうです。

最近の記事

2021.12.01

11月26日午後4時から、戸倉保育所で大人向けにピアノのコンサートが行われた。ピアニストは谷口博章さん。谷口博...

2021.11.13

11月7日に戸倉地区荒町(あらまち)で秋祭りが行われた。  6日の朝5時の掃除から始まり、  6日はオタイヤと...

2021.10.20

戸倉地区にある「神割崎キャンプ場」で新たに整備した施設のお披露目会が行われた。  今回完成したのは、ログキャビ...

2021.10.02

8月30日(月)から9月17日(金)の20日間で林業就業支援事業が行われた。 講習は「波伝の森山学校」の渡辺啓...

2021.10.02

10月2日(土)の蔓延防止法が開けて2日、台風16号が過ぎ去った翌日、戸倉地区黒崎の海岸でサーファーが波を求め...

2021.08.27

最近…山の斜面や道路の法面にユリが咲いているのをよく見かけるが、南三陸海のビジターセンターの表側の園庭に、ひっ...
カテゴリー別記事一覧