住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

2020年度のカキ剥き開始

2020.10.14

10月12日(月)からカキ剥きが始まった。5月までの長丁場、消費者にとっては今からが美味しい嬉しい季節だが、漁師たちは寒さが厳しくなる冬にむけて海の仕事が忙しくなる。

コロナ感染症の影響で、皆マスクかフェイスシールドをつけ、対策は万全だ。そして今年は初日の入札価格が昨年より、キロ3,000円ほど高く、カキを剥く漁師たちそして家族のみんなが、忙しいながら楽しみな顔をしていた。ASC認証の戸倉のカキ、そのままでも、酢の物にも、もちろんこれからは鍋に美味しいですよ〜「この時期にしてはまあまあのでき」と長清水地区の漁師さん。こんなに大きなカキ…まだ大きく美味しくなるそうです。

最近の記事

2022.04.13

4月13日(水)3日ほど続いた夏日にびっくりした桜がすでに満開。9日まではまだ蕾が膨らんだ感じだったのに、仙台...

2022.04.09

神割崎キャンプ場管理棟(神割観光プラザ)内にある「レストラン神割」、2022年4月1日よりメニューを変更し、テ...

2022.04.09

大変長らくお待たせしてしまい大変申し訳ございませんでした。  2022年1月より行っておりましたログキャビン(...

2022.04.08

今回は春のお料理のレシピを「たみこの海パック」の阿部民子さんに教えていただきました。 今が旬のワカメ! メカブ...

2022.04.02

3月31日10時から神割崎キャンプ場で「安全祈願祭」が行われた。あいにくの雨ではあったが、観光協会会長の及川さ...

2022.03.29

半月ほど前..家の入り口にある、いつもはタワワに緑色の葉っぱがついてうる植物が、、こんなことに、、、誰か親切な...
カテゴリー別記事一覧