住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

2020年度のカキ剥き開始

2020.10.14

10月12日(月)からカキ剥きが始まった。5月までの長丁場、消費者にとっては今からが美味しい嬉しい季節だが、漁師たちは寒さが厳しくなる冬にむけて海の仕事が忙しくなる。

コロナ感染症の影響で、皆マスクかフェイスシールドをつけ、対策は万全だ。そして今年は初日の入札価格が昨年より、キロ3,000円ほど高く、カキを剥く漁師たちそして家族のみんなが、忙しいながら楽しみな顔をしていた。ASC認証の戸倉のカキ、そのままでも、酢の物にも、もちろんこれからは鍋に美味しいですよ〜「この時期にしてはまあまあのでき」と長清水地区の漁師さん。こんなに大きなカキ…まだ大きく美味しくなるそうです。

最近の記事

2024.05.24

5月の中旬、ニッコウキスゲが咲いている。高地に行かずともここ戸倉地区には「神割崎キャンプ場」に群生がある。ニッ...

2024.05.22

5月18日(土)に戸倉小学校で運動会が行われた。毎年恒例になったオープニングアトラクション「行山流水戸辺鹿子躍...

2024.05.05

5月3日から5日まで、神割崎キャンプ場駐車場で毎年恒例の「潮騒祭り」が行われた。[video width="7...

2024.05.02

4月から戸倉地区の公民館の人事移動で、今までお世話になった阿部さんに代わり、芳賀さんが公民館担当になったそうだ...

2024.05.01

4月下旬から5月上旬くらいにそこかしこに藤の花を見かける。爽やかな青空と湿度の下、可憐な藤色や白い花をつけて地...

2024.04.24

4月21日(日)に「みなはぴひろば」が南三陸・海のビジターセンターで行われた。この会は定期的に行われていて...
カテゴリー別記事一覧