住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

2回目の開口"ウニ"

2020.06.07

この時期は、
いい天気で海が穏やかだと、
「もしかして今日はアレかな?!」と思います。

それは、ときどき道端にアレが落ちていたりして(!)気がつくこともありますが、
早起きをすると漁師さんたちがお仕事をしている風景をみて、わかることもあります。

今日も、ウニの開口日でした。
ウニやアワビ、海藻などの貴重な海の資源をたくさん獲りすぎて枯渇させてしまうことのないように、漁師さんたちは「開口」のルールにのっとって採取します。
採取をする日と時間が決められていて、全員でそれを守ります。

東京で育った私は、これらの海産物がそのように管理されながら世の中に出回っていることを知らなかったので、この町に移住して初めて開口というものを知った時にとても感動しましたし、漁師さんたちへのイメージが変わりました。

旬の時期に、地元で採れた旬のものを、限られた数量だけれども食べることができる、すごさを実感します。

最近の記事

2023.01.12

1月8日(日)に戸倉神社の氏子総代会によって「どんと祭」が行われた。戸倉神社の氏子総代会は水戸辺、在郷、波伝谷...

2023.01.12

ラムサール条約登録湿地の南三陸・志津川湾に飛来! 12月23日(金)に町の委託を受けた南三陸ネイチャーセンター...

2022.12.23

12月21日(水)に戸倉地区3回目のアワビの開口が行われた。開口の時間は6:30〜9:30の約3時間、一日中曇...

2022.11.18

11月18日(金)に戸倉地区で「アワビ」の開口が行われた。 朝6時から9時まで行われ、戸倉地区で900kgほど...

2022.11.18

11月13日(日)戸倉小学校3年生によって、海のビジターセンター近くの波伝谷の海岸に海浜植物の「ハマヒルガオ」...

2022.11.12

11月9日(水)にギンザケの稚魚が養殖場に搬入された。ギンザケは卵から稚魚になるまで、蔵王や岩手県などの山間の...
カテゴリー別記事一覧