住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

2回目の開口"ウニ"

2020.06.07

この時期は、
いい天気で海が穏やかだと、
「もしかして今日はアレかな?!」と思います。

それは、ときどき道端にアレが落ちていたりして(!)気がつくこともありますが、
早起きをすると漁師さんたちがお仕事をしている風景をみて、わかることもあります。

今日も、ウニの開口日でした。
ウニやアワビ、海藻などの貴重な海の資源をたくさん獲りすぎて枯渇させてしまうことのないように、漁師さんたちは「開口」のルールにのっとって採取します。
採取をする日と時間が決められていて、全員でそれを守ります。

東京で育った私は、これらの海産物がそのように管理されながら世の中に出回っていることを知らなかったので、この町に移住して初めて開口というものを知った時にとても感動しましたし、漁師さんたちへのイメージが変わりました。

旬の時期に、地元で採れた旬のものを、限られた数量だけれども食べることができる、すごさを実感します。

最近の記事

2023.11.23

11月19日(日)に「ラムサール条約登録5周年記念シンポジウム」がベイサイドアリーナ文化交流ホールで行われた。...

2023.11.22

11月20日(月)に、ギンザケの稚魚が搬入された。初回である今回の稚魚は、笹谷から来たもので午前中6075kg...

2023.11.17

11月16日(木)、アワビの開口が6:00から9:00までの間で行われた。今年はタコが豊漁(志津川湾のタコはア...

2023.11.04

11月としては、観測史上初の25℃の夏日を迎えた11月3日(金)の文化の日に、最高のお天気に見守られ、ベイサイ...

2023.11.02

10月31日(火)に戸倉小学校でマラソン大会が行われた。抜けるような空の元、校庭をぐるぐる回るマラソン大会だっ...

2023.11.01

10月30(月)から宮城県内南三陸町内全域でカキ剥きが始まった。震災後カキ養殖のケタを3分の1に減らし、一年で...
カテゴリー別記事一覧