住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

門松

2023.12.28

12月25日(月)大安に、戸倉地区のビジターセンターに毎年門松をお願いしていた入谷の阿部さん(今回から引退)の指導でGYROsの皆さんに声をかけてもらい一緒に門松を制作。1組はビジターセンターの入り口に。
なぜお正月飾りに門松を置くか?は、お正月は別名「松の節句」とも呼ばれ、門松や松飾りには、「年神様をお迎えする準備が整いました。」というお知らせの意味があり、家を訪れる年神様のための目印のため。一年中落葉しない松、成長が早く生命力の強い竹(門松のなかでもとりわけ目立つ竹の飾り、竹は生長が早く、生命力や繁栄の象徴とされている。 また、万代をふるものとして長寿を願う意味も込められている。 竹は真っ直ぐ曲がらずに成長することや嵐のなかでも折れないたたずまいから、誠実な心や強い志の象徴としても用いられるとのことだった。)、新春に開花し、年始にふさわしい梅と3つの縁起物が用いられる。昔から松竹梅というように。

最近の記事

2024.05.24

5月の中旬、ニッコウキスゲが咲いている。高地に行かずともここ戸倉地区には「神割崎キャンプ場」に群生がある。ニッ...

2024.05.22

5月18日(土)に戸倉小学校で運動会が行われた。毎年恒例になったオープニングアトラクション「行山流水戸辺鹿子躍...

2024.05.05

5月3日から5日まで、神割崎キャンプ場駐車場で毎年恒例の「潮騒祭り」が行われた。[video width="7...

2024.05.02

4月から戸倉地区の公民館の人事移動で、今までお世話になった阿部さんに代わり、芳賀さんが公民館担当になったそうだ...

2024.05.01

4月下旬から5月上旬くらいにそこかしこに藤の花を見かける。爽やかな青空と湿度の下、可憐な藤色や白い花をつけて地...

2024.04.24

4月21日(日)に「みなはぴひろば」が南三陸・海のビジターセンターで行われた。この会は定期的に行われていて...
カテゴリー別記事一覧