住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

磯の開口

2021.02.20

2月中旬から、戸倉地区の各地区で磯開口が始まった。最初は各浜の女性部の方々から採りはじめ、次に地区のみなさんへという順番でとり始めるそうだ。潮目の良い日程を選び開口びを決める。17日は「今日は潮目は良いはずだけど、波の引きも悪いし磯には波がざぶざぶしているので、開口に来る人は少ない」そして「防潮堤ができてから流れが変わったのか、海藻、海草が付く場所が変わったから行くところとても考える」と女性部のかたがおっしゃっていた。さすが…海からの景色は綺麗だが、磯にいる人は今日はいなかった。
*磯の開口とは、磯に育つ海藻を(マツモ、フノリ、ヒジキなど)期間を決めて採取すること。生でも乾燥してもおいしい。馴染みがあるのはスーパーで売っている乾燥ヒジキなど。

最近の記事

2024.05.24

5月の中旬、ニッコウキスゲが咲いている。高地に行かずともここ戸倉地区には「神割崎キャンプ場」に群生がある。ニッ...

2024.05.22

5月18日(土)に戸倉小学校で運動会が行われた。毎年恒例になったオープニングアトラクション「行山流水戸辺鹿子躍...

2024.05.05

5月3日から5日まで、神割崎キャンプ場駐車場で毎年恒例の「潮騒祭り」が行われた。[video width="7...

2024.05.02

4月から戸倉地区の公民館の人事移動で、今までお世話になった阿部さんに代わり、芳賀さんが公民館担当になったそうだ...

2024.05.01

4月下旬から5月上旬くらいにそこかしこに藤の花を見かける。爽やかな青空と湿度の下、可憐な藤色や白い花をつけて地...

2024.04.24

4月21日(日)に「みなはぴひろば」が南三陸・海のビジターセンターで行われた。この会は定期的に行われていて...
カテゴリー別記事一覧