住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

磯の開口

2121.02.20

2月中旬から、戸倉地区の各地区で磯開口が始まった。最初は各浜の女性部の方々から採りはじめ、次に地区のみなさんへという順番でとり始めるそうだ。潮目の良い日程を選び開口びを決める。17日は「今日は潮目は良いはずだけど、波の引きも悪いし磯には波がざぶざぶしているので、開口に来る人は少ない」そして「防潮堤ができてから流れが変わったのか、海藻、海草が付く場所が変わったから行くところとても考える」と女性部のかたがおっしゃっていた。さすが…海からの景色は綺麗だが、磯にいる人は今日はいなかった。
*磯の開口とは、磯に育つ海藻を(マツモ、フノリ、ヒジキなど)期間を決めて採取すること。生でも乾燥してもおいしい。馴染みがあるのはスーパーで売っている乾燥ヒジキなど。

最近の記事

2121.08.04

8月1日(土)に波伝谷の小学生親子有志が、南三陸海のビジターセンター前の坂本海岸でSUP体験会を行った。講師は...

2121.07.30

7月29日(木)に漁具の展示会が波伝谷漁港で「漁具展示即売会」が行われた。 カッパ、長靴、作業手袋各種、タコ籠...

2121.07.28

7月28日(水)10時〜12時南三陸海のビジターセンターで町内の宿泊施設対象の研修が行われた。観光協会の菅原さ...

2121.07.22

昨年2020年11月10日に戸倉小学校の3年生(現4年生)と一緒に植えた「ハマエンドウ」と「ハマヒルガオ」の戸...

2121.07.22

神割崎キャンプ場から最寄りのガソリンスタンドでもある「西条商店」(ENEOS 神割崎SS )が、惜しまれつつも...
先日、戸倉地区で熱中症で倒れお亡くなりになった方がいらっしゃいました。畑で作業中の事故でした。私たちも気をつけ...
カテゴリー別記事一覧