住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

海浜植物を守ろう

2020.11.26

11月10日(火)に戸倉小学校3年生の授業で、地域になくなってしまった海浜植物のハマヒルガオとハマエンドウを波伝谷の坂本海岸の新防潮堤と旧防潮堤の間の土地に植える作業をした。
校長先生と担任の昆野先生の計らいもあり、4月から児童8人でプランターにタネを撒き、交代で水やりをし、11月まで、育て上げた。「表面に見えるハマヒルガオが枯れてしまったと思いショックだった」という児童もいたが、「1年草と違って、毎年葉っぱがはえ花を咲かせる多年草なので、大丈夫なんだよ」と指導者の大渕さんと宮城県職員の江刺さんが話すのを聞いて安心したようだった。プランターの苗をほぐすとプランターいっぱいの根が張っていた。根がどのくらい長いかを図ったりし皆、その長さに驚いていた様子だった。
大事にほぐし、一つづつ丁寧にうえた苗に水をかけ、踏まれないようにコーナーに児童たちの名前を書いた目印の杭を刺し、「来年の5月頃に花を咲かせるのを楽しみに待ってる」と口々に語っていた。東日本大震災の津波の後もこの地域の浜には当然のように咲いていた花であるが、地域に防潮堤ができてしまったこともあり、海岸の海浜植物がなくなってしまったというのはとても悲しいこと..植えたハマエンドウとハマヒルガオが花を咲かせますように..

最近の記事

2121.02.26

2月1日からの20日間、南三陸町戸倉地区で著名な先生方をお迎えし「林業就業支援者講習会」が座学と山に入っての実...

2121.02.20

2月中旬から、戸倉地区の各地区で磯開口が始まった。最初は各浜の女性部の方々から採りはじめ、次に地区のみなさんへ...

2121.02.03

2021年2月2日(火)に戸倉保育所で、豆まきが行われました。自分で作った個性的なカッコイイお面をつけてポーズ...

2121.02.03

2021年2月3日(水)戸倉地区波伝谷の松崎で例年とまる枝に今年もオオワシを確認しました。私有地の先の止まり木...

2121.02.01

南三陸町の海「「志津川湾」は、特に水鳥の生息地として重要な湿地に関する条約」(通称:ラムサール条約)に基づき、...

2121.01.29

1月29日(金)にみちのく潮風トレイルのコースの「周辺の魅力スポット」として戸倉神社の紹介の看板が立ちました。...
カテゴリー別記事一覧