住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

海浜植物を守ろう(2)

2021.07.22

昨年2020年11月10日に戸倉小学校の3年生(現4年生)と一緒に植えた「ハマエンドウ」と「ハマヒルガオ」の戸倉坂本海岸付近。指導者の大渕さんと県の職員の江刺さんが一生懸命草刈りをしてくれていた。「草刈りの時期が少し遅かったかな」と。「昨年調査したときは、「ムラサキツメクサ」など全然なかった、今年は群生してしまって「ハマエンドウ」と「ハマヒルガオ」を見つけるのが大変」と大渕さん。「「ハマエンドウ」埋もれてたけどありました。もう少し砂をこの場所に入れたいと思っているんですが…」と大渕さん、海浜植物を守るためにお休み返上で活動をしている。そんな忙しい草刈り最中にお邪魔し日本の海浜植物の「ハチジョウナ」と「コウボウシバ」をちゃっかり教えてもらった。

最近の記事

2024.05.24

5月の中旬、ニッコウキスゲが咲いている。高地に行かずともここ戸倉地区には「神割崎キャンプ場」に群生がある。ニッ...

2024.05.22

5月18日(土)に戸倉小学校で運動会が行われた。毎年恒例になったオープニングアトラクション「行山流水戸辺鹿子躍...

2024.05.05

5月3日から5日まで、神割崎キャンプ場駐車場で毎年恒例の「潮騒祭り」が行われた。[video width="7...

2024.05.02

4月から戸倉地区の公民館の人事移動で、今までお世話になった阿部さんに代わり、芳賀さんが公民館担当になったそうだ...

2024.05.01

4月下旬から5月上旬くらいにそこかしこに藤の花を見かける。爽やかな青空と湿度の下、可憐な藤色や白い花をつけて地...

2024.04.24

4月21日(日)に「みなはぴひろば」が南三陸・海のビジターセンターで行われた。この会は定期的に行われていて...
カテゴリー別記事一覧