住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

波伝谷漁港でギンザケ水揚げ

2121.05.17

今年も令和3年4月13日からギンザケの水揚げが志津川漁港で始まってから、はや1ヶ月。

ギンザケの形が良くなってきた5月17日(月)の今日からは、戸倉地区の波伝谷漁港での水揚げが始まった。船からタンクに入ったギンザケをリフトであげ、選別のためのベルトコンベアに移す。上のタンクから流れてきたギンザケを大きさによって計り振り分ける。ベテランの漁師の奥さん方やお手伝いの方の選別の作業は手作業だが、機械より精巧では?と思うほどの手際の良さ。撮影日はあいにくの雨模様だったが、雨などのお天気に左右されることはこの作業には関係ないようだ。ここまでの一連の流れは、アナログだがスムーズに阿吽の呼吸で行われる。写真を撮る時、この流れる様な作業を止めてはいけない。脂の乗った戸倉地区のギンザケ、伊達のギン(宮城サーモン)のシーズンは今からが本番だ。

最近の記事

2121.06.17

6月12日(土)に戸倉小学校の運動会が行われた。毎年6月に行われる運動会は、前日の子どもたちのおかしなテンショ...

2121.06.10

6月9日(水)の朝、「アルビノのホヤ(マボヤ)あるんですけど要ります?」と波伝谷の渡辺啓さんから連絡が入った。...

2121.06.05

こんな近くにいるんですね… 「寺浜の神割崎キャンプ場近くの我が家から直線距離で4〜500メートルの処です。捕獲...

2121.05.29

先日訪れた神割崎キャンプ場のレストハウスに、杉の香りのダイニングデスク&チェアがあった。 「南三陸町のYes工...

2121.05.29

高原の花のイメージが強い「ニッコウキスゲ」だが、北海道・東北では海岸にも生息する。特に戸倉地区では、神割崎周辺...

2121.05.26

5月26日(水)戸倉地区で今年初の「ウニの開口」が4時30分から7時まで行われた。「最初の開口だからか、今年は...
カテゴリー別記事一覧