住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

波伝谷漁港でギンザケ水揚げ

2021.05.17

今年も令和3年4月13日からギンザケの水揚げが志津川漁港で始まってから、はや1ヶ月。

ギンザケの形が良くなってきた5月17日(月)の今日からは、戸倉地区の波伝谷漁港での水揚げが始まった。船からタンクに入ったギンザケをリフトであげ、選別のためのベルトコンベアに移す。上のタンクから流れてきたギンザケを大きさによって計り振り分ける。ベテランの漁師の奥さん方やお手伝いの方の選別の作業は手作業だが、機械より精巧では?と思うほどの手際の良さ。撮影日はあいにくの雨模様だったが、雨などのお天気に左右されることはこの作業には関係ないようだ。ここまでの一連の流れは、アナログだがスムーズに阿吽の呼吸で行われる。写真を撮る時、この流れる様な作業を止めてはいけない。脂の乗った戸倉地区のギンザケ、伊達のギン(宮城サーモン)のシーズンは今からが本番だ。

最近の記事

2022.11.18

11月18日(金)に戸倉地区で「アワビ」の開口が行われた。 朝6時から9時まで行われ、戸倉地区で900kgほど...

2022.11.18

11月13日(日)戸倉小学校3年生によって、海のビジターセンター近くの波伝谷の海岸に海浜植物の「ハマヒルガオ」...

2022.11.12

11月9日(水)にギンザケの稚魚が養殖場に搬入された。ギンザケは卵から稚魚になるまで、蔵王や岩手県などの山間の...

2022.10.22

10月8日(土)に長清水地区で「二渡神社法院神楽」が奉納された。今回神楽奉納の踊り手は、旧北上町にある女川地区...

2022.10.09

10/7(金)に南三陸・海のビジターセンターで「カキ部会総会」が行われた。カキ部会は全員で40名以上、ほとんど...

2022.09.26

9月18日(日)に第10回ツール・ド・東北が開催された。天気もまずまずで3年ぶりのリアル開催となったが従来のコ...
カテゴリー別記事一覧