住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

東日本大震災追悼

2021.03.12

10年前の3月11日2時46分「東日本大震災」。戸倉小学校の先生と児童と戸倉保育所の幼児を助けてくれた五十鈴神社。ほとんどの生徒を守ってくれた神社だ。津波の後の雪の降った寒い夜に、低学年の生徒と保育所の幼児が入った祠。地域の大人や、近くにいた人々も一緒に一晩焚火をしてしのいだ広場。先生方の判断で助けていただいた児童たちは今日も元気に、だが鎮魂の気持ちをもちその時間を迎えたことだろう。きっと忘れない。(お迎えにきて保護者と帰って行った2年生と保育所の妹たちと3名が犠牲になった)

最近の記事

2021.12.01

11月26日午後4時から、戸倉保育所で大人向けにピアノのコンサートが行われた。ピアニストは谷口博章さん。谷口博...

2021.11.13

11月7日に戸倉地区荒町(あらまち)で秋祭りが行われた。  6日の朝5時の掃除から始まり、  6日はオタイヤと...

2021.10.20

戸倉地区にある「神割崎キャンプ場」で新たに整備した施設のお披露目会が行われた。  今回完成したのは、ログキャビ...

2021.10.02

8月30日(月)から9月17日(金)の20日間で林業就業支援事業が行われた。 講習は「波伝の森山学校」の渡辺啓...

2021.10.02

10月2日(土)の蔓延防止法が開けて2日、台風16号が過ぎ去った翌日、戸倉地区黒崎の海岸でサーファーが波を求め...

2021.08.27

最近…山の斜面や道路の法面にユリが咲いているのをよく見かけるが、南三陸海のビジターセンターの表側の園庭に、ひっ...
カテゴリー別記事一覧