住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

東日本大震災追悼

2021.03.12

10年前の3月11日2時46分「東日本大震災」。戸倉小学校の先生と児童と戸倉保育所の幼児を助けてくれた五十鈴神社。ほとんどの生徒を守ってくれた神社だ。津波の後の雪の降った寒い夜に、低学年の生徒と保育所の幼児が入った祠。地域の大人や、近くにいた人々も一緒に一晩焚火をしてしのいだ広場。先生方の判断で助けていただいた児童たちは今日も元気に、だが鎮魂の気持ちをもちその時間を迎えたことだろう。きっと忘れない。(お迎えにきて保護者と帰って行った2年生と保育所の妹たちと3名が犠牲になった)

最近の記事

2022.04.13

4月13日(水)3日ほど続いた夏日にびっくりした桜がすでに満開。9日まではまだ蕾が膨らんだ感じだったのに、仙台...

2022.04.09

神割崎キャンプ場管理棟(神割観光プラザ)内にある「レストラン神割」、2022年4月1日よりメニューを変更し、テ...

2022.04.09

大変長らくお待たせしてしまい大変申し訳ございませんでした。  2022年1月より行っておりましたログキャビン(...

2022.04.08

今回は春のお料理のレシピを「たみこの海パック」の阿部民子さんに教えていただきました。 今が旬のワカメ! メカブ...

2022.04.02

3月31日10時から神割崎キャンプ場で「安全祈願祭」が行われた。あいにくの雨ではあったが、観光協会会長の及川さ...

2022.03.29

半月ほど前..家の入り口にある、いつもはタワワに緑色の葉っぱがついてうる植物が、、こんなことに、、、誰か親切な...
カテゴリー別記事一覧