住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

本来あるべき姿に?

2020.08.31

8月25日に南三陸町と石巻市の境にある、神割崎の割れ目の間に倒れていたマツの巨木の撤去作業が行われた。石巻地区森林組合の作業員が挟まったマツにワイヤーをくくり付け、チェーンソーで切り分け、100トンものクレーン車を用い撤去作業を終了した。撤去費は市と町が折半した。

*神割崎の伝説は「昔、村境がはっきりしていなかった浜にクジラが打ち上げられました。2つの村ではクジラの取り合いから争いが起こってしまい、その夜、あろうことか岬がまっぷたつに割れ、クジラも2つに割られてしまいました。両村の人々は神様が岬を割り、いさかいの仲裁をしたのであろうといって、以来この岩の割れ目が村境となったと伝えられています。 今日も、石巻市との境界になっています。」(引用:南三陸町観光協会HP)と言われている。二ヶ月ぶりに本来の姿になった。この度の撤去については争いはなかったとのこと(笑)。

最近の記事

2021.12.01

11月26日午後4時から、戸倉保育所で大人向けにピアノのコンサートが行われた。ピアニストは谷口博章さん。谷口博...

2021.11.13

11月7日に戸倉地区荒町(あらまち)で秋祭りが行われた。  6日の朝5時の掃除から始まり、  6日はオタイヤと...

2021.10.20

戸倉地区にある「神割崎キャンプ場」で新たに整備した施設のお披露目会が行われた。  今回完成したのは、ログキャビ...

2021.10.02

8月30日(月)から9月17日(金)の20日間で林業就業支援事業が行われた。 講習は「波伝の森山学校」の渡辺啓...

2021.10.02

10月2日(土)の蔓延防止法が開けて2日、台風16号が過ぎ去った翌日、戸倉地区黒崎の海岸でサーファーが波を求め...

2021.08.27

最近…山の斜面や道路の法面にユリが咲いているのをよく見かけるが、南三陸海のビジターセンターの表側の園庭に、ひっ...
カテゴリー別記事一覧