住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

戸倉公民館で志津川高校魅力化計画の話し合い 

2020.09.22

志津川高校の魅力化構想の住民説明会が10日戸倉公民館で行われた。地域に高校(学校)がなくなると、「病院などの施設がなくなるより町や地域がさびれるとデーターがある、「全国募集」「カリキュラム改革」「公営塾(志翔学舎)」を3本柱として進める」と役場職員からの説明があった。高校が東日本大震災があったからか、少子化か、とにかく志津川高校に進学する生徒が減った。現実は「志津川高校に入学しないこと..」を前提で、通える範囲で良い学校を選ぶことが良いような風潮になっていることも実感。 この状況を打開すべく、「地域全体が学校」として学ぶことで、町への愛郷心をもち、町を輝かせてくれるような「人材」を志津川高校で地域一丸となって育てて行きたいと考えはじめ、この構想に取り組むことになった。志津川高校の「志翔学舎」という「公営塾」も開設してから5年目になる。他地区の塾などに通えないなど毎日時間ギリギリまでお世話になっている生徒もいる。「公営塾(志翔学舎)」があるから!!と最初に取り掛かったため、そこを押しているが、「学校が魅力的になってこその「公営塾」ではないか」と説明会参加の保護者が言っていたのが、印象的だった。

最近の記事

2121.02.26

2月1日からの20日間、南三陸町戸倉地区で著名な先生方をお迎えし「林業就業支援者講習会」が座学と山に入っての実...

2121.02.20

2月中旬から、戸倉地区の各地区で磯開口が始まった。最初は各浜の女性部の方々から採りはじめ、次に地区のみなさんへ...

2121.02.03

2021年2月2日(火)に戸倉保育所で、豆まきが行われました。自分で作った個性的なカッコイイお面をつけてポーズ...

2121.02.03

2021年2月3日(水)戸倉地区波伝谷の松崎で例年とまる枝に今年もオオワシを確認しました。私有地の先の止まり木...

2121.02.01

南三陸町の海「「志津川湾」は、特に水鳥の生息地として重要な湿地に関する条約」(通称:ラムサール条約)に基づき、...

2121.01.29

1月29日(金)にみちのく潮風トレイルのコースの「周辺の魅力スポット」として戸倉神社の紹介の看板が立ちました。...
カテゴリー別記事一覧