住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

墓躍り奉納

2020.08.19

14日南三陸町戸倉の慈眼寺で、戸倉地区に伝わる行山流水戸辺鹿子躍(ししおどり)の保存会(今年は19才から27才の8人)によって先祖供養の「墓躍り」を奉納した。朝6時半に集合し、保存会の方や父兄によって衣装を仕上げる。今年は朝が涼しく(日中はもちろん33度)着付けは早くできたが、一昨年前など着付ける側もどちらも皆汗だくに。和尚の前で静かに太鼓をならし、皆一礼をしてから躍り始める。「恋しさに恋しき人の墓じるし 見るよりはやくぬるる袖かな」…普段の勇ましい鹿躍りとは違い、先祖に思いをはせる。「墓躍り」は32年前から受け継がれ、今年も躍り終わった彼らの衣装は汗でびしょ濡れだった。

最近の記事

2023.01.12

1月8日(日)に戸倉神社の氏子総代会によって「どんと祭」が行われた。戸倉神社の氏子総代会は水戸辺、在郷、波伝谷...

2023.01.12

ラムサール条約登録湿地の南三陸・志津川湾に飛来! 12月23日(金)に町の委託を受けた南三陸ネイチャーセンター...

2022.12.23

12月21日(水)に戸倉地区3回目のアワビの開口が行われた。開口の時間は6:30〜9:30の約3時間、一日中曇...

2022.11.18

11月18日(金)に戸倉地区で「アワビ」の開口が行われた。 朝6時から9時まで行われ、戸倉地区で900kgほど...

2022.11.18

11月13日(日)戸倉小学校3年生によって、海のビジターセンター近くの波伝谷の海岸に海浜植物の「ハマヒルガオ」...

2022.11.12

11月9日(水)にギンザケの稚魚が養殖場に搬入された。ギンザケは卵から稚魚になるまで、蔵王や岩手県などの山間の...
カテゴリー別記事一覧