住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

塩蔵ワカメができるまで

2121.05.13

普段私たちが目にするワカメは、スーパーなどで売っているビニール袋の塩蔵ワカメではないだろうか。ワカメがどのように育ち、塩蔵ワカメになるのかは、ワカメ漁師の手伝いか見学でもしない限り、わかり得ない世界。この度「たみこの海パック」さんが、YouTubeで「塩蔵ワカメができるまで」を動画配信し、Facebookにアップした物を許可を得て掲載させていただいた。南三陸町志津川湾の豊かな海で育つ「南三陸産ブランドわかめ」。美味しいワカメになるのが分かります。(引用:Facebookたみこの海パック,塩蔵ワカメができるまで))

最近の記事

2121.08.27

最近…山の斜面や道路の法面にユリが咲いているのをよく見かけるが、南三陸海のビジターセンターの表側の園庭に、ひっ...

2121.08.23

臨時休業のお知らせ 県独自の緊急事態宣言と町内のCOVID-19の感染者増加につき、18日(水)から29日(日...

2121.08.04

8月1日(土)に波伝谷の小学生親子有志が、南三陸海のビジターセンター前の坂本海岸でSUP体験会を行った。講師は...

2121.07.30

7月29日(木)に漁具の展示会が波伝谷漁港で「漁具展示即売会」が行われた。 カッパ、長靴、作業手袋各種、タコ籠...

2121.07.28

7月28日(水)10時〜12時南三陸海のビジターセンターで町内の宿泊施設対象の研修が行われた。観光協会の菅原さ...

2121.07.22

昨年2020年11月10日に戸倉小学校の3年生(現4年生)と一緒に植えた「ハマエンドウ」と「ハマヒルガオ」の戸...
カテゴリー別記事一覧