住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

塩蔵ワカメができるまで

2121.05.13

普段私たちが目にするワカメは、スーパーなどで売っているビニール袋の塩蔵ワカメではないだろうか。ワカメがどのように育ち、塩蔵ワカメになるのかは、ワカメ漁師の手伝いか見学でもしない限り、わかり得ない世界。この度「たみこの海パック」さんが、YouTubeで「塩蔵ワカメができるまで」を動画配信し、Facebookにアップした物を許可を得て掲載させていただいた。南三陸町志津川湾の豊かな海で育つ「南三陸産ブランドわかめ」。美味しいワカメになるのが分かります。(引用:Facebookたみこの海パック,塩蔵ワカメができるまで))

最近の記事

2121.06.17

6月12日(土)に戸倉小学校の運動会が行われた。毎年6月に行われる運動会は、前日の子どもたちのおかしなテンショ...

2121.06.10

6月9日(水)の朝、「アルビノのホヤ(マボヤ)あるんですけど要ります?」と波伝谷の渡辺啓さんから連絡が入った。...

2121.06.05

こんな近くにいるんですね… 「寺浜の神割崎キャンプ場近くの我が家から直線距離で4〜500メートルの処です。捕獲...

2121.05.29

先日訪れた神割崎キャンプ場のレストハウスに、杉の香りのダイニングデスク&チェアがあった。 「南三陸町のYes工...

2121.05.29

高原の花のイメージが強い「ニッコウキスゲ」だが、北海道・東北では海岸にも生息する。特に戸倉地区では、神割崎周辺...

2121.05.26

5月26日(水)戸倉地区で今年初の「ウニの開口」が4時30分から7時まで行われた。「最初の開口だからか、今年は...
カテゴリー別記事一覧