住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

ラムサール条約湿地 志津川湾

2121.02.01

南三陸町の海「「志津川湾」は、特に水鳥の生息地として重要な湿地に関する条約」(通称:ラムサール条約)に基づき、国際的に重要な湿地に登録されています。
そして、暖流と寒流が混ざり合う独特な海洋環境の中にあり、暖かい海と冷たい海に住むそれぞれの海洋生物がみられます。志津川湾の藻場では、220種以上の海藻・海草類が確認されています。海藻・海草類以外にも600種以上の海洋生物の餌場や生息地となり、海洋の生物多様性を支えています。
これらの貴重な環境やか生物多様性の高さが世界的に認められ、2018年10月18日、志津川湾はラムサール湿地に登録されました。(ラムサール条約湿地 志津川湾 看板)

最近の記事

2121.04.28

4月21日に戸倉の海から、昨年10月10日のワイナリーオープン記念に参加の皆さんと養殖用ネットに括り付けて海に...

2121.04.19

まだ肌寒い春を桜で感じ、そろそろ黄色い花が咲いている今日この頃です。山にはヤマブキ、里の家の花壇には水仙が。

2121.04.19

4月8日(木)桜満開の中、戸倉小学校で令和3年度の入学式が行われた。 今年の新入生は男女ともに8名ずつの16名...

2121.04.07

3月31日(水)に神割崎キャンプ場で、キャンプ場関係者や利用者の皆様が一年間無事に過ごせるよう、「安全祈願祭」...

2121.04.07

4月7日(水)の戸倉地区の桜は満開のようだ。先週春らしくとても暖かい日が続いたが(そのため越冬した?カメムシが...

2121.03.29

先日、戸倉小学校の近く398号線沿いの沖田地区の「海の虹」さん「コインランドリー」さん「ぐうちょきぱあ」さんな...
カテゴリー別記事一覧