住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

ラムサール条約湿地 志津川湾

2121.02.01

南三陸町の海「「志津川湾」は、特に水鳥の生息地として重要な湿地に関する条約」(通称:ラムサール条約)に基づき、国際的に重要な湿地に登録されています。
そして、暖流と寒流が混ざり合う独特な海洋環境の中にあり、暖かい海と冷たい海に住むそれぞれの海洋生物がみられます。志津川湾の藻場では、220種以上の海藻・海草類が確認されています。海藻・海草類以外にも600種以上の海洋生物の餌場や生息地となり、海洋の生物多様性を支えています。
これらの貴重な環境やか生物多様性の高さが世界的に認められ、2018年10月18日、志津川湾はラムサール湿地に登録されました。(ラムサール条約湿地 志津川湾 看板)

最近の記事

2121.08.04

8月1日(土)に波伝谷の小学生親子有志が、南三陸海のビジターセンター前の坂本海岸でSUP体験会を行った。講師は...

2121.07.30

7月29日(木)に漁具の展示会が波伝谷漁港で「漁具展示即売会」が行われた。 カッパ、長靴、作業手袋各種、タコ籠...

2121.07.28

7月28日(水)10時〜12時南三陸海のビジターセンターで町内の宿泊施設対象の研修が行われた。観光協会の菅原さ...

2121.07.22

昨年2020年11月10日に戸倉小学校の3年生(現4年生)と一緒に植えた「ハマエンドウ」と「ハマヒルガオ」の戸...

2121.07.22

神割崎キャンプ場から最寄りのガソリンスタンドでもある「西条商店」(ENEOS 神割崎SS )が、惜しまれつつも...
先日、戸倉地区で熱中症で倒れお亡くなりになった方がいらっしゃいました。畑で作業中の事故でした。私たちも気をつけ...
カテゴリー別記事一覧