住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

ラムサール条約湿地 志津川湾

2021.02.01

南三陸町の海「「志津川湾」は、特に水鳥の生息地として重要な湿地に関する条約」(通称:ラムサール条約)に基づき、国際的に重要な湿地に登録されています。
そして、暖流と寒流が混ざり合う独特な海洋環境の中にあり、暖かい海と冷たい海に住むそれぞれの海洋生物がみられます。志津川湾の藻場では、220種以上の海藻・海草類が確認されています。海藻・海草類以外にも600種以上の海洋生物の餌場や生息地となり、海洋の生物多様性を支えています。
これらの貴重な環境やか生物多様性の高さが世界的に認められ、2018年10月18日、志津川湾はラムサール湿地に登録されました。(ラムサール条約湿地 志津川湾 看板)

最近の記事

2022.04.13

4月13日(水)3日ほど続いた夏日にびっくりした桜がすでに満開。9日まではまだ蕾が膨らんだ感じだったのに、仙台...

2022.04.09

神割崎キャンプ場管理棟(神割観光プラザ)内にある「レストラン神割」、2022年4月1日よりメニューを変更し、テ...

2022.04.09

大変長らくお待たせしてしまい大変申し訳ございませんでした。  2022年1月より行っておりましたログキャビン(...

2022.04.08

今回は春のお料理のレシピを「たみこの海パック」の阿部民子さんに教えていただきました。 今が旬のワカメ! メカブ...

2022.04.02

3月31日10時から神割崎キャンプ場で「安全祈願祭」が行われた。あいにくの雨ではあったが、観光協会会長の及川さ...

2022.03.29

半月ほど前..家の入り口にある、いつもはタワワに緑色の葉っぱがついてうる植物が、、こんなことに、、、誰か親切な...
カテゴリー別記事一覧