住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

暮らしのダイアリー

マツバギク

2023.06.09

お天気のいい朝、この時期の庭先でよく見る(東日本大震災前ほどではなくなったが…)「マツバギク」。ピンク色(もしかして紫?なのか?)の花を咲かせている姿を見ることができる。この植物をアップしようと参考に色々(本やネットなど)確認したら…?!えっ?!この花ずっと「マツバボタン」だと思って、うん十年も生きてきたことがわかった…。そしてマツバギクはピンク色だけだと思っていたが、実は!赤、朱、紫、白、黄色、オレンジなどたくさんの色の花の種類があるのを知った。ピンク色のマツバギク以外見たことないのでかなり驚いた。「あまり手もかからず色が綺麗なので、庭に植えるといいよ〜」とご近所の佐藤さんに教えていただいた。
〜「マツバギク」基本情報〜
学名:Lampranthus、Delospermaなど
和名:マツバギク  その他の名前:花ものメセン、メセンブリアンテマ、砂漠の宝石
科名 / 属名:ハマミズナ科 / ランプランサス属、デロスペルマ属
葉と花の形から「マツバギク(松葉菊)」と呼ばれ、多肉質の細長い葉が密生し、キクのような花を咲かせます。マツバギクの名前で出回っているものは、メセン類(ハマミズナ科の植物の呼び名)のなかの主にランプランサス属(Lampranthus)のいくつかの種や交配種ですが、多種多様で似たようなものも多く、どこまでをマツバギクと呼ぶかは明確ではないようです。いろいろな種類が「マツバギク」の名前で流通し、品種名はなく、商品名がさまざまあります。<引用:みんなの園芸>

最近の記事

2024.03.02

2月27日(火)から28日(水)にかけての南岸低気圧によっての志津川湾の時化で、坂本海岸の船着場を利用している...

2024.03.01

2月27日(火)18:30〜21:00ネイチャーセンターでサスティナビリティ学講座VOL.11が行われた。参加...

2024.02.03

2月2日(金)に南三陸・海のビジターセンターで、みちのく潮風トレイルの地域連絡会が行われた。地域連絡会には、環...

2023.12.28

12月25日(月)大安に、戸倉地区のビジターセンターに毎年門松をお願いしていた入谷の阿部さん(今回から引退...

2023.12.14

12/1(金)午後4時から、戸倉小学校体育館で行山流水戸辺鹿子躍りの引き継ぎ式が行われた。この会は今年度6年生...

2023.11.29

11月22日(水)に、戸倉保育所の遊戯室で発表会が行われた。第一部と第二部に分かれていて、第一部の小さいお子さ...
カテゴリー別記事一覧