住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

ギンザケ稚魚放流

2020.11.07

11月6日(金)から戸倉地区のギンザケの稚魚の放流が始まった。毎日日曜日もなく全部で132tの予定で今月末まで放流。7日の今日は6t放流された。稚魚のサイズは15cmから20cmで重さは約140g〜170g。稚魚の成長に合わせ餌も配合も変え、ギンザケ水揚げが始まる3月までじっくり成長させ、どんどん大きくなる7月中旬まで水揚げされる。ギンザケは刺身が一番(管理された餌を食べているのでアニキサスなどの心配がない)!そしてムニエル、唐揚げまでオールマイティに楽しめる。苦労して大事に育て上げる美味しいギンザケをみなさんに食していただきたい」。と生産者たちは言っていた。今からとても楽しみである。

最近の記事

2121.08.27

最近…山の斜面や道路の法面にユリが咲いているのをよく見かけるが、南三陸海のビジターセンターの表側の園庭に、ひっ...

2121.08.23

臨時休業のお知らせ 県独自の緊急事態宣言と町内のCOVID-19の感染者増加につき、18日(水)から29日(日...

2121.08.04

8月1日(土)に波伝谷の小学生親子有志が、南三陸海のビジターセンター前の坂本海岸でSUP体験会を行った。講師は...

2121.07.30

7月29日(木)に漁具の展示会が波伝谷漁港で「漁具展示即売会」が行われた。 カッパ、長靴、作業手袋各種、タコ籠...

2121.07.28

7月28日(水)10時〜12時南三陸海のビジターセンターで町内の宿泊施設対象の研修が行われた。観光協会の菅原さ...

2121.07.22

昨年2020年11月10日に戸倉小学校の3年生(現4年生)と一緒に植えた「ハマエンドウ」と「ハマヒルガオ」の戸...
カテゴリー別記事一覧