住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

ギンザケ稚魚放流

2020.11.07

11月6日(金)から戸倉地区のギンザケの稚魚の放流が始まった。毎日日曜日もなく全部で132tの予定で今月末まで放流。7日の今日は6t放流された。稚魚のサイズは15cmから20cmで重さは約140g〜170g。稚魚の成長に合わせ餌も配合も変え、ギンザケ水揚げが始まる3月までじっくり成長させ、どんどん大きくなる7月中旬まで水揚げされる。ギンザケは刺身が一番(管理された餌を食べているのでアニキサスなどの心配がない)!そしてムニエル、唐揚げまでオールマイティに楽しめる。苦労して大事に育て上げる美味しいギンザケをみなさんに食していただきたい」。と生産者たちは言っていた。今からとても楽しみである。

最近の記事

2121.02.26

2月1日からの20日間、南三陸町戸倉地区で著名な先生方をお迎えし「林業就業支援者講習会」が座学と山に入っての実...

2121.02.20

2月中旬から、戸倉地区の各地区で磯開口が始まった。最初は各浜の女性部の方々から採りはじめ、次に地区のみなさんへ...

2121.02.03

2021年2月2日(火)に戸倉保育所で、豆まきが行われました。自分で作った個性的なカッコイイお面をつけてポーズ...

2121.02.03

2021年2月3日(水)戸倉地区波伝谷の松崎で例年とまる枝に今年もオオワシを確認しました。私有地の先の止まり木...

2121.02.01

南三陸町の海「「志津川湾」は、特に水鳥の生息地として重要な湿地に関する条約」(通称:ラムサール条約)に基づき、...

2121.01.29

1月29日(金)にみちのく潮風トレイルのコースの「周辺の魅力スポット」として戸倉神社の紹介の看板が立ちました。...
カテゴリー別記事一覧