住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

カレイの稚魚放流

2021.07.05

7月5日(月)午後1時から、漁協戸倉青年研究会によるカレイの稚魚の放流が行われた。5月中旬に宮古の東北区水産研究所から仕入れた5cm程度の稚魚をタンクに入れ、毎日交代で朝夕餌をやり続け1ヶ月半。  稚魚がきた当初は「おとひめEP1」、少し大きくなってきたら「EP2」を与え約10,000匹を8cm程度まで育て今日を迎えた。大きい生簀用タンクから移動用のタンクに移しリフトで船に乗せ沖まで運んで放流する。もちろん留守番隊は生簀用タンクのお掃除だ。今回は港までの写真、次回は沖での放流の様子をシェアします。

最近の記事

2023.01.12

1月8日(日)に戸倉神社の氏子総代会によって「どんと祭」が行われた。戸倉神社の氏子総代会は水戸辺、在郷、波伝谷...

2023.01.12

ラムサール条約登録湿地の南三陸・志津川湾に飛来! 12月23日(金)に町の委託を受けた南三陸ネイチャーセンター...

2022.12.23

12月21日(水)に戸倉地区3回目のアワビの開口が行われた。開口の時間は6:30〜9:30の約3時間、一日中曇...

2022.11.18

11月18日(金)に戸倉地区で「アワビ」の開口が行われた。 朝6時から9時まで行われ、戸倉地区で900kgほど...

2022.11.18

11月13日(日)戸倉小学校3年生によって、海のビジターセンター近くの波伝谷の海岸に海浜植物の「ハマヒルガオ」...

2022.11.12

11月9日(水)にギンザケの稚魚が養殖場に搬入された。ギンザケは卵から稚魚になるまで、蔵王や岩手県などの山間の...
カテゴリー別記事一覧