住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

カレイの稚魚放流

2021.07.05

7月5日(月)午後1時から、漁協戸倉青年研究会によるカレイの稚魚の放流が行われた。5月中旬に宮古の東北区水産研究所から仕入れた5cm程度の稚魚をタンクに入れ、毎日交代で朝夕餌をやり続け1ヶ月半。  稚魚がきた当初は「おとひめEP1」、少し大きくなってきたら「EP2」を与え約10,000匹を8cm程度まで育て今日を迎えた。大きい生簀用タンクから移動用のタンクに移しリフトで船に乗せ沖まで運んで放流する。もちろん留守番隊は生簀用タンクのお掃除だ。今回は港までの写真、次回は沖での放流の様子をシェアします。

最近の記事

2022.09.26

9月18日(日)に第10回ツール・ド・東北が開催された。天気もまずまずで3年ぶりのリアル開催となったが従来のコ...

2022.09.23

【フォーラム開催報告】 9/6(火)おきなくらEELsのメンバーにより、南三陸・海のビジターセンターでフォーラ...

2022.08.03

梅雨明け宣言はされたはず、、、ずっと梅雨のような蒸し蒸し雨や曇りの天気が続いたが、、 7月31日(土)「戸倉っ...

2022.07.29

夏休みに入ってはいるが7月29日、戸倉小学校の体育館で、お世話担当の4年生(担任の先生と生徒とお手伝いの保護者...

2022.07.02

6月30日(水)に戸倉では初めての「ウニの開口」が行われた。天候が開口日とあわず、例年より1ヶ月も遅れて第1回...

2022.06.08

5月23日(月)もう午前3時頃から薄明るい早朝。戸倉地区の波伝谷漁港からは活気が感じられた。4月からギンザケの...
カテゴリー別記事一覧