住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

カキ剥き開始

2023.11.01

10月30(月)から宮城県内南三陸町内全域でカキ剥きが始まった。震災後カキ養殖のケタを3分の1に減らし、一年でおいしさも形も大きい良いカキを出荷できるようになった。日曜日は休みの日と決め、家族と過ごす時間も増えた。良いカキには良い値が付き生活も安定し、若い後継の漁師たちも増えた。
今シーズンの戸倉地区の初日のカキの出荷数は930kgで販売単価は2万5千円〜3万円をこえるご祝儀相場だったそうだ。とは言え「海水温が高くカキ剥きの開始が今年は1ヶ月遅れ、今年は身が大きくなっているものもあるがまだカキの身入りがよくないものもあって、今後の海水温しだいかもしれない」とカキ漁師の阿部さんが話してくれた。

最近の記事

2024.04.20

4月18日(木)の3時から、今年の南三陸サーモンプロジェクトスタートということで、スタートアップのお披露目会を...

2024.04.15

4月15日(月)に戸倉地区のギンザケ「みやぎサーモン」の初水揚げが行われた。9ヶ月ぶりとは思えない、漁協のスタ...

2024.04.13

4月13日(土)2月27日(火)から28日(水)にかけての南岸低気圧の志津川湾の時化で坂本海岸で座礁した船4隻...

2024.04.12

4月2日(火)の10:00〜神割崎キャンプ場で「安全祈願祭」が行われた。お天気にも恵まれた。観光協会の会長、事...

2024.04.10

4月9日(火)に南三陸町の戸倉地区の桜は満開に。 東日本大震災の際に戸倉小学校や戸倉中学校にあった桜や、地区の...

2024.03.25

3月に入ると寒い日が続いていたが、24(日)は、お天気に恵まれ春らしく暖かかった。この日に5年ぶりに波伝谷地区...
カテゴリー別記事一覧