住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

アワビの開口 初日

2021.11.19

11月19日(金)の今日、今シーズン最初のアワビの開口が行われた。(開口とは、漁をしていい日で、その日以外に勝手に獲ることは許されない。)
開口日は、シーズンである11〜1月の間で、わずか数回で11月はあと1回行われる。開口委員と呼ばれる漁師が各地区にいて、地区ごとに天候や潮目を見て漁協が決定し、前日に防災無線(組合員だけに流れる放送)が流れ、それから、皆、アワビカギや箱メガネなどの準備を始め次の日の開口に備える。 いつ開くかわからないため、他の地区の様子をうかがいながら、その日を待つとのこと。朝6時から9時半の間船を出し、獲り始め(時間と、乗船できる人数など細かく決められている)、今回戸倉地区で集荷したアワビは、個々のサイズも大きくなんと!!1t越え。キロいくらなのか?想像しただけで…。そして今後は年末のギリズベ、ギリスビ(お付き合いのため義理立てすること)と正月に向けても採捕するそうだ。

最近の記事

2023.01.12

1月8日(日)に戸倉神社の氏子総代会によって「どんと祭」が行われた。戸倉神社の氏子総代会は水戸辺、在郷、波伝谷...

2023.01.12

ラムサール条約登録湿地の南三陸・志津川湾に飛来! 12月23日(金)に町の委託を受けた南三陸ネイチャーセンター...

2022.12.23

12月21日(水)に戸倉地区3回目のアワビの開口が行われた。開口の時間は6:30〜9:30の約3時間、一日中曇...

2022.11.18

11月18日(金)に戸倉地区で「アワビ」の開口が行われた。 朝6時から9時まで行われ、戸倉地区で900kgほど...

2022.11.18

11月13日(日)戸倉小学校3年生によって、海のビジターセンター近くの波伝谷の海岸に海浜植物の「ハマヒルガオ」...

2022.11.12

11月9日(水)にギンザケの稚魚が養殖場に搬入された。ギンザケは卵から稚魚になるまで、蔵王や岩手県などの山間の...
カテゴリー別記事一覧