住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

里海ダイアリー

アルビノの…

2121.06.10

6月9日(水)の朝、「アルビノのホヤ(マボヤ)あるんですけど要ります?」と波伝谷の渡辺啓さんから連絡が入った。なんと菅原水産の菅原幹生さんが朝、ホヤの水揚げの際に見つけて、啓さんに託してくれたそうだ。10万個に1個くらいの確率で採れるとかなんとか?幹生さんは「2年に1個くらい採れるからそんな確率かもね」と言っていた。

プラスの入水孔とマイナス出水孔が大きく開き水槽でも元気に暮らし始めました!今は南三陸・海のビジターセンターの水槽に鎮座なさっているとかいないとか〜
マボヤはホヤ貝と言われているけど(貝毒検査に出したりする)貝ではなく、人間や魚と同じ脊索動物に分類される動物だ。貝よりも人間に近い存在なのだ。そしてほやは5つの味覚「甘味、塩味、酸味、苦味、うま味」の全てを兼ね揃える稀有な存在だ。食べ終わった後に残る微かな甘味は、調味料にも活用されるアミノ酸のグリシンやアラニンなどの作用と言われていて、日本酒などのお酒との相性がとてもよいと言われている。
今回のアルビノのマボヤ…中身も白いのかな?ウズウズ…同じ食感なのかな?

最近の記事

2121.06.17

6月12日(土)に戸倉小学校の運動会が行われた。毎年6月に行われる運動会は、前日の子どもたちのおかしなテンショ...

2121.06.10

6月9日(水)の朝、「アルビノのホヤ(マボヤ)あるんですけど要ります?」と波伝谷の渡辺啓さんから連絡が入った。...

2121.06.05

こんな近くにいるんですね… 「寺浜の神割崎キャンプ場近くの我が家から直線距離で4〜500メートルの処です。捕獲...

2121.05.29

先日訪れた神割崎キャンプ場のレストハウスに、杉の香りのダイニングデスク&チェアがあった。 「南三陸町のYes工...

2121.05.29

高原の花のイメージが強い「ニッコウキスゲ」だが、北海道・東北では海岸にも生息する。特に戸倉地区では、神割崎周辺...

2121.05.26

5月26日(水)戸倉地区で今年初の「ウニの開口」が4時30分から7時まで行われた。「最初の開口だからか、今年は...
カテゴリー別記事一覧