住んでよし訪れてよしの戸倉地区WEB新聞

あとわずか!縄文時代にタイムスリップ!『大久保貝塚』展

2024.06.24

南三陸町は縄文時代から豊かな海と山に育まれていた!
その事実を証明する貴重な遺跡が、志津川地区で発掘されました。
『大久保貝塚』です!
発掘調査の成果をまとめた展示会が、7月4日(木)まで、戸倉公民館2階の文化財展示室で開かれています。あなたも縄文時代にタイムスリップしてみませんか。
貝塚の断面を樹脂で固めて剥ぎ取りました。層の間には貝殻や骨などの食べ物の残滓だけでなく、土器や石器も見られます。
遺跡からは約3000点もの骨角器が見つかっています。豊かな海と山に育まれた縄文人の生活が浮かび上がってきます。
石鏃の刺さったマグロの椎骨です。銛の先につけた石鏃が残った状態で見つかったのです。マグロをしとめる縄文の漁師の息遣いが聞こえてきます。
土偶や土面、石棒などの祭りの道具もたくさん出土しました。海と山の恵みは縄文人たちにとって「歓び」そのものだったのでしょう。
「大久保貝塚」は水尻川の災害復旧工事に伴い、令和元年度から2年度にかけて宮城県教育委員会が発掘調査を行い、南三陸町教育委員会も調査に協力しました。
縄文人たちの「生活の歓び」をひも解いた展示会を訪れ、3000年の歴史に思いをはせてみてはいかがですか。
(発掘調査の成果はYouTubeの『みやぎ文化財チャンネル』でも詳しく紹介されています。こちらも是非!)

最近の記事

2024.07.12

7月7日(日)に戸倉地区で5回目のウニの開口がありました。今回は地元漁師の後藤さんが撮ってくださった動画を頂い...

2024.07.03

6月24日(月)の午前9時から11時半まで、戸倉小学校の3年生と戸倉漁協婦人部の方々と海岸の生き物調査をしまし...

2024.06.28

6/28(金)に戸倉地区で3回目のウニの開口*が行われた。 地元の漁業権を持った方々が早朝4:00から7:30...

2024.05.24

5月の中旬、ニッコウキスゲが咲いている。高地に行かずともここ戸倉地区には「神割崎キャンプ場」に群生がある。ニッ...

2024.05.22

5月18日(土)に戸倉小学校で運動会が行われた。毎年恒例になったオープニングアトラクション「行山流水戸辺鹿子躍...

2024.05.05

5月3日から5日まで、神割崎キャンプ場駐車場で毎年恒例の「潮騒祭り」が行われた。[video width="7...
カテゴリー別記事一覧